星野 あい(読み)ホシノ アイ

20世紀日本人名事典「星野 あい」の解説

星野 あい
ホシノ アイ

大正・昭和期の女子教育家 津田塾大学名誉学長。



生年
明治17(1884)年9月19日

没年
昭和47(1972)年12月5日

出生地
神奈川県横浜

出身地
群馬県沼田

学歴〔年〕
フェリス英和女学校卒,女子英学塾〔明治39年〕卒,ブリンマー・カレッジ理学部〔明治45年〕卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和30年〕,女性文化賞〔昭和30年〕

経歴
生後まもなく両親の生家・群馬県沼田に移る。明治30年キリスト教受洗。大正元年女子英学塾に勤め、7年コロンビア大学教育学部に留学学位を得て帰国。8年英学塾教頭、14年塾長代理を経て、昭和4年塾長。8年津田英学塾に改称し、18年理系学部を増設して津田塾専門学校設立に尽力、23年津田塾大学初代学長となった。27年退任し名誉学長。汎太平洋東南アジア婦人協会日本委員、国際基督教大学評議委員、日本国際協会婦人部委員なども務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「星野 あい」の解説

星野 あい (ほしの あい)

生年月日:1884年9月19日
大正時代;昭和時代の女子教育家。津田塾大学学長;汎太平洋東南アジア婦人協会日本委員
1972年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android