春方(読み)ハルヘ

デジタル大辞泉の解説

はる‐へ【春方】

《後世は「はるべ」》春のころ。春。
「―には花折りかざし」〈・一九六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はる‐つ‐かた【春方】

〘名〙 (「つ」は「の」の意の古い格助詞) 春のころ。春の時節。
※蜻蛉(974頃)中「春つかた、さもものせん」

はる‐べ【春方】

〘名〙 (古くは「はるへ」)
① 春の頃。春さき。春。《季・春》
※万葉(8C後)一四・三五〇四「波流敝(ハルヘ)咲く藤の末葉のうら安にさ寝る夜そなき子ろをし思(も)へば」
② 転じて、全盛の時期。
※洒落本・淫女皮肉論(1778)深川の密談「今をはるべの太夫しょく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春方の関連情報