コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日流 しゅんにちりゅう

1件 の用語解説(春日流の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんにちりゅう【春日流】

能楽笛方の流儀の一つ。江戸時代は観世流の座付(所属)で笛方の筆頭流儀だったが,第2次世界大戦後芸系が絶えた。流祖浅沢市右衛門(1561‐1617)はもと松永弾正の家来で名人檜垣本(ひがいもと)彦兵衛(1527没)の弟子。2世から春日姓を名のっている。この流儀の音楽構造は森田流にたいへん近かったようだが,呂中干(りよちゆうかん)系の舞での楽句を高音からかぶせるように吹き出す点,中入(なかいり)で送リ笛と知ラセ笛を両方吹く点などに著しい特徴があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

春日流の関連情報