コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森田流 もりたりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森田流
もりたりゅう

能楽笛方流儀名。徳川家康に仕えた庄兵衛光吉 (?~1632) を初代とし,1906年9世初太郎光俊没後宗家は断絶し,シテ方観世流宗家が預っている。関西に流勢が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もりたりゅう【森田流】

能楽笛方流儀の一つ。能楽協会には40名弱の役者が登録され,一噌(いつそう)流と勢力を二分している。芸系は関西と関東系にほぼ分けられるが,これは,江戸時代に地方諸藩の御抱えとして独立した家がおこり,家ごとに譜や指遣いに特徴をもっていたためで,それが今日にも大きく影響している。宗家は観世流の座付(所属)であったが明治以後絶え,現在はシテ方観世流宗家の預りになっている。森田流は一噌流ほど強く息を吹きこまず柔らかく吹く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もりたりゅう【森田流】

能の笛方の流儀。森田庄兵衛光吉を流祖とする。江戸時代は主として観世座付きで、公儀と紀州家に仕えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

森田流の関連キーワード田中伝左衛門(11世)森田庄兵衛(1)森田 初太郎森田 光治貞光 義次森田初太郎田中 一次杉 市太郎赤井 藤男寺井 政数森田 光春寺井 啓之森田 光風片岡 吉雄宍戸善兵衛分野 実杉市太郎森田 操牛尾玄笛囃子方

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森田流の関連情報