(読み)じ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


日本音楽および舞踊用。 (1) 舞踊の伴奏の意で,その演奏者を「地方 (じかた) 」という。上方舞では「舞地」ともいう。 (2) 能で演技をするシテ,ワキなどの役以外の謡の斉唱者。「地謡」ともいう。 (3) 合奏形式における特定のパートの名称。 (a) 長唄で,「上調子」に対して,基本的な原曲の旋律を弾く三味線のパートを「地調子」という。 (b) 山田流箏曲で,おもにタテと呼ばれる主奏者が原曲の旋律を離れた箏の演奏をする場合をいい,単純な音型の繰返しの場合と,複雑な洒落弾きにまで発展した場合とある。 (c) 新内節で,高音 (たかね) と称する二上りで装飾的に奏する上調子に対して,本調子の三味線をいう。 (d) 地歌の手事物で,「地もの」の三弦合奏において,原曲の旋律に対して異なる特定の旋律を弾くほうの三弦をいい,特定の音型の繰返しの場合と,原旋律に対して,拍子をずらして弾くか,特定の音だけを拾っていく場合とがある。 (4) 反復される旋律もしくは音型およびリズム型。 (a) 地歌の「地もの」の「地」のなかで類型的な音型または手法に対して特定の名称のつけられたもの,すなわち「砧地」「巣籠り地」「ヒロイ地」など。箏にも応用される。また,それらの音型およびそのバリアンテ (変形) を含めて,一般に合奏においてオスティナート的に反復通奏される類型旋律をいう。 (b) 能管で,『中の舞』『男舞』『序の舞』『神舞』などの舞の曲において基本的に通奏される楽句群。普通,呂 (りょ) ,中,干 (かん) のなかの4楽句を一くさりの地という。ただし『早舞』などでは2句の反復となり,『楽』などでは,やや長い複雑な楽句群となって,その反復に従ってバリアンテが激しくなる。 (c) 小鼓,大鼓,太鼓などの囃子楽器で,基本的に通奏される楽句のリズム単元,すなわち手組の総称。「三ツ地」 (または「コイ合」) の類と,「ツヅケ」 (太鼓では「キザミ」) の類とに大別。 (5) 楽曲の構成要素となる類型的な旋律形態の様式。浄瑠璃などで,対話部の「詞」や,より旋律的な「節」に対して,朗誦的な語りの部分をいう。ただし,義太夫節では「詞」に対して,それ以外の部分をいう「地合」の略称としてもいう。また,さらに細分類されて,「地中」「地ハル」「地ウ」「地色」あるいは「…地」といった特定の曲節名称もある。 (6) 多種にわたる演奏を行う者が,下地すなわち基本として修得している種目をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じ〔ヂ〕【地】

地面。大地。つち。ち。「雨降って固まる」
ある土地。その地域。「の物」「卵」
物事の基礎。下地(したじ)。「ができている」
化粧しない肌。素肌。「が白い」
布・紙・金属などの、彩色・加工・細工などの土台となる部分。「黒いに金の縫い取り」
織ったままの布地。また、布の材質。「の厚いコート」
生まれつきの性格。また、本性。「ついを出す」
文章の中で、会話文や引用文を除いた叙述の部分。「の文」
実地。実際。
10 囲碁で、石で囲んで自分のものとした部分。
11
㋐日本舞踊で、伴奏の音楽。また、それを演奏する人。地方(じかた)。
㋑日本音楽で、基礎の楽句。特に、同じ楽句を何回も繰り返して奏するもの。
㋒三味線音楽で、上調子(うわぢょうし)に対する基本の調子。また、それを奏する三味線。
㋓能の地謡(じうたい)のこと。
㋔義太夫節の地合(じあい)のこと。

じ【地】[漢字項目]

ち【地】

天に対して、地上。人間が生活し、動植物が生息・繁茂する大地。「天と
地面。地上。「枯れ葉がに落ちる」
海に対して、陸地。おか。「の果て」
場所。ところ。「安住の」「思い出の
領土。「隣国とを接する」
荷物・掛け物・本などの下の部分。「天無用」⇔
「天・地・人」と三段階に分けたときの、2番目。三つ一組のものの中位。

ち【地】[漢字項目]

[音](漢) (ヂ)(呉) [訓]つち
学習漢字]2年
〈チ〉
天に対して、下方に広がる土地。大地。「地下地球地形地軸地質地上地図大地天地陸地驚天動地
一定の土地。場所。「地域地価地区地帯地点地方外地各地基地現地耕地産地借地生地(せいち)整地宅地敵地転地当地平地僻地(へきち)墓地余地領地
よって立つところ。身分や立場。「地位地歩見地門地
ある特定の境域。状況。「危地窮地境地死地実地
副詞をつくる助字。「驀地(ばくち)
〈ジ〉
大地。土地。「地獄地所地震地面田地路地露地
その土地。「地酒(じざけ)地元(じもと)
加工する前の土台をなすもの。「地金(じがね)生地(きじ)紺地下地(したじ)素地無地
本性。もちまえ。「地力(じりき)意地意気地(いきじ・いくじ)
[名のり]くに・ただ
[難読]驀地(まっしぐら)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

地【じ】

(1)日本音楽用語。基本の意味で,1.基本の高さの三味線を,それと合奏する上調子(うわぢょうし)の三味線に対していう。2.変化する旋律に対し,反復演奏される比較的単純な旋律およびそのパターン,またその奏者(地歌・箏曲や能の囃子(はやし)など)。3.義太夫節で,純然たることばでもなく,単に歌うような節でもない説明的な部分を,地合(じあい)といい,略して地とも。(2)舞踊用語としては,舞踊に使う音楽のこと。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じ【地】

万物の存在の基盤としての大地。転じて〈地色〉〈地の文〉のように本来のもの,基本的なものを指す語ともなる。このうち土地についてみると,8~9世紀に〈地〉は見開げんかい)(現に開かれている土地)・未開を問わず,田,,野,山,浜などの地種をふくむ大地そのものを指す語として使われている。そのころから墾田と区別して家屋の建つ場を地といった例も見られるが,10世紀以降に田地,畠地,野地林地などのような地の性質を示す用例が広く用いられるようになると,京・奈良・大宰府などの都市的な場をそれらと区別して,地とよぶようになる。

じ【地】

日本音楽用語。多くは基礎,土台というような意味をもって,各分野でさまざまに用いられている。まず,芸能奏演における伴奏音楽,あるいは,合奏音楽における特定の声部をいう。たとえば,近世舞踊では,伴奏音楽を地といい,能や狂言では地謡(じうたい)の略称または通称としてこの語を用いる。近世邦楽においては,鳴物や尺八の側から見た,歌声部,三味線などをいうことがあり,三味線の上調子(うわぢようし)に対する本手(ほんて)の声部または調子を地調子(じちようし)という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じ【地】

〔呉音〕
地面。大地。土。ち。 「雨降って-固まる」 「 -をならす」
その地方。その土地。 「 -の名産品」 「 -の人」
囲碁で、石で囲んで占有した部分。
生来のもの。作り物ではないもの。
本来身に備わっている性質。持ち前。 「あれが彼の-だ」
人の肌。きめ。 「 -がいいからお化粧が映える」 「 -が荒れる」
加工や細工の土台。 「 -の厚い織物」 「めっきがはげて-が出る」
(目立つ部分に対して)基となって支えている部分。
布・紙などで、模様のない部分。 「水色の-に白の水玉」
文章で、会話・歌などでない部分。
地謡じうたい」の略。また、一曲の詞章のうち、地謡のうたう部分。
日本舞踊で、伴奏のこと。
邦楽で、何回も繰り返し演奏される、基礎的な楽句。
三味線の合奏で、上調子に対して、低い基本の調子。
地紙じがみ」に同じ。 「扇屋の女に今はやる-などを持つて参れの由/浮世草子・一代男 4
[句項目] 地が出る 地で行く

ち【地】

天に対して、地上。海に対して、陸上。おか。大地。地面。 「 -の果て」 「足が-につかない」
特定の土地。場所。地域。地方。 「安住の-」 「曽遊の-」 「極寒の-」
位置。立場。 「 -の利を占める」
所有する土地。領土。 「 -を接する国々」
荷物・掛軸など、上下の定まっているものの下の方。 ⇔ 「天-無用」
本の部分の名。製本で、本の三方の断ち口のうち下にあたる部分。 → 製本
(天地または天地人と)二段階または三段階に分けたときの、第二位のもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

【地】

〘名〙 (「じ」は「地」の呉音)
[一] 万物の存在する基盤としての大地。また、そのものの占める場所。ち。
① 大地。地面。つち。ち。
※宇津保(970‐999頃)吹上下「涼はいやゆきが琴を〈略〉ねたうつかうまつるに、雲の上より響き、地の下よりとよみ、風・雲動きて、月・星さわぐ」
② ある区画内の土地。邸宅や所有地内の土地。また、住んでいるあたりの地域。その土地。ち。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「この蔵はこの地のほどにもみえず。御供なる人に『この地の内か、見よ』とのたまふ」
③ 自分の影響の及ぶ地。勢力の及ぶ範囲。なわばり。
※洒落本・古契三娼(1787)「梅もとのていしゅはあたま七といっていろしさ。おもてやぐらにも地(ヂ)がござりやしたっけ」
④ 双六(すごろく)で、盤面を左右に分け、双方各一二の罫(けい)によって区切った、そのおのおののますめ。
※浮世草子・好色産毛(1695頃)二「二六時中の暮がたふ、白黒とのみ、何わきまゆるかたなふ候。大和本手の事ばかり、おもひきられぬ石づかい〈略〉あたまがはげて、五地(ぐヂ)も六地もみるものなく候」
⑤ 囲碁で、終局の時点で得点に数えられる空点。生き石で囲み、相手がはいってきても、生きられない地域。日本のルールではセキの中の地は数えない習慣があり、取り石(ハマ)も相手側の地をマイナスすることによって地に換算される。計算の単位は目(もく)。地所。
※俳諧・鶉衣(1727‐79)後「ただ地を造り、はま巻尽してぞ始て蚊の口のかゆさを覚え、菓子盆に蟻の付たるを驚く」
⑥ 貝合わせ、歌がるたなどで、床に並べた貝や札をいう。〔雍州府志(1684)〕
[二] 本来のもの。本質的なもの。粉飾や加工などをしないもとの形。
① 人の皮膚。肌。はだえ。
※われから(1896)〈樋口一葉〉三「更に濃い化粧の白ぎく、是れも今更やめられぬやうな肌(ヂ)になりぬ」
② 布帛や紙などで、紋様などを織り出したり染め出したりしていない、本来の生地の部分。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「下簾も香のぢに薄物重ねて、小鳥・蝶などを縫ひたり」
③ 裁断、または加工などをしていない、織ったままの布地。また、布地の材質。
※太平記(14C後)七「麓には数千の官軍、冑星(かぶとのほし)を耀かし鎧の袖を連ねて、錦繍しける地の如し」
④ 扇、傘、烏帽子などに用いる、その型に切った厚紙。地紙。
※謡曲・烏帽子折(1480頃)「ことさら都より然るべき地を取り下して候ふ、さりながら何番に折り候ふべき」
⑤ 虚構ではない現実の世界。実際。実地。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「コレ、聴きやれ。そこが狂言と云ものだは。地(ヂ)と狂言との差別(しゃべつ)はそこだはス」
⑥ 連歌、俳諧で、一句に特別な意図や趣向はないが、前句に気軽く応じた、素直で無難な句。
※連歌教訓(1582)「心深く案じぬるを紋といふ也、安々とやりたるを地といふ也」
⑦ 生まれつきの性質。もちまえ。本性。本心。
※無名抄(1211頃)「面々に証得したる気色どもは甚しけれど、ちに哥のさまを知りて譛め譏りする人はなし」
⑧ (その道の商売人に対して) 素人(しろうと)。特に、素人で売春をおこなうこと。また、そのもの。地者。
※雑俳・柳多留‐六(1771)「中宿で地は御無用といけんする」
[三] 基本となるもの。他に発展するもととなるもの。他と付随しながら、その基本を構成する部分。
① 基礎となるもの。根底。
童子問(1707)上「忠信為仁之地。不亦宜乎」
② 文章や語り物で、会話や歌を除いた叙述の部分。
※源氏物語一葉抄(1495頃)一「すべて此物語に、作者詞、人々の心詞、双紙詞、又、草子の地あり。よく分別すべし」
③ 舞踊で、舞いに伴う楽曲。伴奏の音楽や歌。また、それをする人、楽器など。地方(じかた)
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻三「盆おどり是悲なく乳母も地をうたひ」
④ (基礎の楽句の意) 日本音楽で、同じ楽句を何回も繰り返して奏するもの。砧地(きぬたじ)、巣籠地(すごもりじ)など。
※大蔵虎明聞書(1658‐61頃)「楽の地は、たらつくたらつくたんたらつく。此地が本地也」
⑤ 三味線音楽で、基本の高さの三味線をいう。上調子(うわじょうし)に対立することば。
⑥ 「じうたい(地謡)」の略。
※虎明本狂言・宗論(室町末‐近世初)「〈次第〉南無妙法蓮華経、蓮華経のきゃうの字をきゃうせんと人や思ふらん〈ぢをとる間に、かさをぬぐ〉」
⑦ 歌舞伎で、所作事に対し、せりふ劇の部分をいう。写実的な演技。
※役者論語(1776)あやめぐさ「所作事は狂言の花なり。地は狂言の実なり」
⑧ 「じがい(地貝)」の略。
[四] 楊弓、大弓などで金銭をかける際の二銭のこと。「本朝世事談綺」に、賭金は一銭ずつ紅白の紙に包んで、それを「字」というとあるが「地」と「字」の関係ははっきりしない。また、二分五厘をいう「字」との関係もよくわからない。
※随筆・一時随筆(1683)「かけものは〈略〉さて銭のときは、一銭を餓鬼、二銭を地といひ、三銭を山といひ」

ち【地】

〘名〙 (「ぢ」とも)
① 天に対して、地上。大地。地球。
※宇津保(970‐999頃)吹上下「いやゆきが琴を〈略〉ねたうつかうまつるに、雲の上より響き地の下よりとよみ」
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉五「天も知るべく地も知る可く」 〔易経‐乾卦文言〕
② 海に対して、陸地。
※平家(13C前)二「これは猶舟津近うてあしかりなんとて、地へわたし奉り」
③ 土地の表面。ある区画内の土地。地面。地所。土。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「この蔵はこの地のほどにもみえず。御供なる人に、『この地の内か、見よ』とのたまふ」
※方丈記(1212)「所を思ひ定めざるがゆゑに、地を占めてつくらず」
④ ある限られた地域。地方。ところ。また、そこに住む人。
※令義解(718)戸「地遠人稀之処。随便量置」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉七「其地を去らぬことを示した」 〔孟子‐公孫丑下〕
⑤ ある者に支配されるところ。領地。また、その者の影響や勢力の及ぶ範囲。なわばり。
※古本説話集(1130頃か)四七「この御てらのちは、こと所よりはちのてい、かめのこうのやうにたかければ」
⑥ そのものの置かれた位置。たちば。地位。境遇。
⑦ 物の下方。床に接する部分。「天地無用
⑧ 本を立てたとき、床に接する部分。天、小口、背、表紙でない部分。
⑨ 物の基本となる部分。基礎。根源。また、したじ。
※童子問(1707)上「礼以為輔。忠信以為之地
⑩ 大地を主宰する神。地神。
[補注]「ち」は「地」の漢音、「ぢ」は呉音。例文の「地」または「ち」の表記の清濁は必ずしも明らかではないので、一部「じ(地)」の項と重複してあげた。

つし【地】

〘名〙 土(つち)をいう上代東国方言。→天地(あめつし)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【義太夫節】より

… しかし,舞台が大がかりになり,人形が写実的になって人間に近づき,竹田出雲並木宗輔らや,名人たちの相次ぐ逝去,火災や不祥事件などが重なって,衰退のきざしをみせはじめる。竹豊両座の退転と再興から,宮地芝居へ興行の場は移った。そして近松半二菅専助らがわずかに新作を書くにとどまって,旧作のくりかえし上演が中心となる。…

※「地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地の関連情報