コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 じ

10件 の用語解説(地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


日本音楽および舞踊用語。 (1) 舞踊の伴奏の意で,その演奏者を「地方 (じかた) 」という。上方舞では「舞地」ともいう。 (2) 能で演技をするシテ,ワキなどの役以外の謡の斉唱者。「地謡」ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じ〔ヂ〕【地】

地面。大地。つち。ち。「雨降って固まる」
ある土地。その地域。「の物」「卵」
物事の基礎。下地(したじ)。「ができている」
化粧しない肌。素肌。「が白い」
布・紙・金属などの、彩色・加工・細工などの土台となる部分。「黒いに金の縫い取り」
織ったままの布地。また、布の材質。「の厚いコート」
生まれつきの性格。また、本性。「ついを出す」
文章の中で、会話文や引用文を除いた叙述の部分。「の文」
実地。実際。
10 囲碁で、石で囲んで自分のものとした部分。
11
㋐日本舞踊で、伴奏の音楽。また、それを演奏する人。地方(じかた)。
㋑日本音楽で、基礎の楽句。特に、同じ楽句を何回も繰り返して奏するもの。
㋒三味線音楽で、上調子(うわぢょうし)に対する基本の調子。また、それを奏する三味線
㋓能の地謡(じうたい)のこと。
㋔義太夫節の地合(じあい)のこと。

じ【地】[漢字項目]

ち【地】

天に対して、地上。人間が生活し、動植物が生息・繁茂する大地。「天と
地面。地上。「枯れ葉がに落ちる」
海に対して、陸地。おか。「の果て」
場所。ところ。「安住の」「思い出の
領土。「隣国とを接する」
荷物・掛け物・本などの下の部分。「天無用」⇔
天・地・人」と三段階に分けたときの、2番目。三つ一組のものの中位。

ち【地】[漢字項目]

[音](漢) (ヂ)(呉) [訓]つち
学習漢字]2年
〈チ〉
天に対して、下方に広がる土地。大地。「地下地球地形地軸地質地上地図大地天地陸地驚天動地
一定の土地。場所。「地域地価地区地帯地点地方外地各地基地現地耕地産地借地生地(せいち)整地宅地敵地転地当地平地僻地(へきち)墓地余地領地
よって立つところ。身分や立場。「地位地歩見地門地
ある特定の境域。状況。「危地窮地境地死地実地
副詞をつくる助字。「驀地(ばくち)
〈ジ〉
大地。土地。「地獄地所地震地面田地路地露地
その土地。「地酒(じざけ)地元(じもと)
加工する前の土台をなすもの。「地金(じがね)生地(きじ)紺地下地(したじ)素地無地
本性。もちまえ。「地力(じりき)意地意気地(いきじ・いくじ)
[名のり]くに・ただ
[難読]驀地(まっしぐら)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

地【じ】

(1)日本音楽用語。基本の意味で,1.基本の高さの三味線を,それと合奏する上調子(うわぢょうし)の三味線に対していう。2.変化する旋律に対し,反復演奏される比較的単純な旋律およびそのパターン,またその奏者(地歌・箏曲や能の囃子(はやし)など)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じ【地】

万物の存在の基盤としての大地。転じて〈地色〉〈地の文〉のように本来のもの,基本的なものを指す語ともなる。このうち土地についてみると,8~9世紀に〈地〉は見開(げんかい)(現に開かれている土地)・未開を問わず,田,畠,野,山,浜などの地種をふくむ大地そのものを指す語として使われている。そのころから墾田と区別して家屋の建つ場を地といった例も見られるが,10世紀以降に田地,畠地,野地,林地などのような地の性質を示す用例が広く用いられるようになると,京・奈良・大宰府などの都市的な場をそれらと区別して,地とよぶようになる。

じ【地】

日本音楽用語。多くは基礎,土台というような意味をもって,各分野でさまざまに用いられている。まず,芸能奏演における伴奏音楽,あるいは,合奏音楽における特定の声部をいう。たとえば,近世舞踊では,伴奏音楽を地といい,能や狂言では地謡(じうたい)の略称または通称としてこの語を用いる。近世邦楽においては,鳴物や尺八の側から見た,歌声部,三味線などをいうことがあり,三味線の上調子(うわぢようし)に対する本手(ほんて)の声部または調子を地調子(じちようし)という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じ【地】

〔呉音〕
地面。大地。土。ち。 「雨降って-固まる」 「 -をならす」
その地方。その土地。 「 -の名産品」 「 -の人」
囲碁で、石で囲んで占有した部分。
生来のもの。作り物ではないもの。
本来身に備わっている性質。持ち前。 「あれが彼の-だ」
人の肌。きめ。 「 -がいいからお化粧が映える」 「 -が荒れる」
加工や細工の土台。 「 -の厚い織物」 「めっきがはげて-が出る」
(目立つ部分に対して)基となって支えている部分。
布・紙などで、模様のない部分。 「水色の-に白の水玉」
文章で、会話・歌などでない部分。
地謡じうたい 」の略。また、一曲の詞章のうち、地謡のうたう部分。
日本舞踊で、伴奏のこと。
邦楽で、何回も繰り返し演奏される、基礎的な楽句。
三味線の合奏で、上調子に対して、低い基本の調子。
地紙じがみ 」に同じ。 「扇屋の女に今はやる-などを持つて参れの由/浮世草子・一代男 4
[句項目]

ち【地】

天に対して、地上。海に対して、陸上。おか。大地。地面。 「 -の果て」 「足が-につかない」
特定の土地。場所。地域。地方。 「安住の-」 「曽遊の-」 「極寒の-」
位置。立場。 「 -の利を占める」
所有する土地。領土。 「 -を接する国々」
荷物・掛軸など、上下の定まっているものの下の方。 ↔ 「天-無用」
本の部分の名。製本で、本の三方の断ち口のうち下にあたる部分。 → 製本
(天地または天地人と)二段階または三段階に分けたときの、第二位のもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【義太夫節】より

… しかし,舞台が大がかりになり,人形が写実的になって人間に近づき,竹田出雲並木宗輔らや,名人たちの相次ぐ逝去,火災や不祥事件などが重なって,衰退のきざしをみせはじめる。竹豊両座の退転と再興から,宮地芝居へ興行の場は移った。そして近松半二菅専助らがわずかに新作を書くにとどまって,旧作のくりかえし上演が中心となる。…

※「地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地の関連キーワード漢呉音図戯作呉音慣用音黒白正音チェリー対馬音倭音《漢呉音図》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地の関連情報