春日清鶴(読み)かすが せいかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春日清鶴 かすが-せいかく

1894-1970 明治-昭和時代の浪曲師。
明治27年3月16日生まれ。42年春日亭清吉の門にはいり,19歳のとき真打となる。浪曲の語りや対話の部分である啖呵(たんか)にたくみで,「野狐三次」「ねずみ小僧」などを得意とした。昭和45年7月29日死去。76歳。東京出身。本名は笠原寿作。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android