コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野狐三次 のぎつね さんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野狐三次 のぎつね-さんじ

同名の講談の主人公。
野狐模様の産着にくるまれ江戸の浅草(せんそう)寺にすてられる。大工夫婦にひろわれ,成人して火消しとなり,背中に野狐の彫り物をする。「七の組」との喧嘩,養父の仇(あだ)討ちで男をあげ,実父が江戸南町奉行筒井伊賀守(いがのかみ)とわかる。晩年は「に組」の頭取となった。浪曲化もされた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野狐三次の関連キーワード東家 浦太郎(初代)神田 伯山(3代目)東家浦太郎(初代)おもな浪花節の演目春日亭 清吉三条 輝子國行しげ美春日 清鶴長田一比呂牧野省三松原佑奈春日清鶴

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android