コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春木南溟 はるき なんめい

美術人名辞典の解説

春木南溟

幕末・明治の南画家。江戸生。名は秀熙、字を敬一、通称は卯之助、別号に耕雲漁者。山水花鳥を能くする。明治11年(1878)歿、84才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春木南溟 はるき-なんめい

1795-1878 江戸後期-明治時代の画家。
寛政7年生まれ。春木南湖の子。父の画法をついで山水・花鳥画を得意とした。明治10年第1回内国勧業博覧会に「日光霧降滝図」を出品。明治11年12月12日死去。84歳。江戸出身。名は秀煕,竜。字(あざな)は敬一,子緝。通称は卯之助。別号に耕雲漁者。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

春木南溟の関連キーワード武村 耕靄武村耕靄川村清雄田崎草雲明治時代春木南華佐藤北溟森嶰谷幕末

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android