コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春木南溟 はるき なんめい

2件 の用語解説(春木南溟の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

春木南溟

幕末・明治の南画家。江戸生。名は秀熙、字を敬一、通称は卯之助、別号に耕雲漁者。山水・花鳥を能くする。明治11年(1878)歿、84才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春木南溟 はるき-なんめい

1795-1878 江戸後期-明治時代の画家。
寛政7年生まれ。春木南湖の子。父の画法をついで山水・花鳥画を得意とした。明治10年第1回内国勧業博覧会に「日光霧降滝図」を出品。明治11年12月12日死去。84歳。江戸出身。名は秀煕,竜。字(あざな)は敬一,子緝。通称は卯之助。別号に耕雲漁者。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

春木南溟の関連キーワード玉手棠洲岩井晩香岸田素屋指田詮嶋崎玄弥関直吉服部鷯吉平尾儀七藤間勘兵衛(7代)牧亭駒人(2代)