コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春木南湖 はるき なんこ

3件 の用語解説(春木南湖の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

春木南湖

江戸中・後期の南画家。江戸生。姓は結城、名は鯤、字は子魚、通称門弥、別号に幽石・烟霞釣叟。山水・花卉を能くし谷文晁と並称された。京坂・長崎を遊歴し、木村蒹葭堂とも交わる。増山雪斎侯に仕える。天保10年(1839)歿、81才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春木南湖 はるき-なんこ

1759-1839 江戸時代中期-後期の画家。
宝暦9年生まれ。江戸の人。木村蒹葭堂(けんかどう)に,のち長崎で清(しん)(中国)人にまなぶ。山水・花鳥画を得意とし,文人画家として当時谷文晁(ぶんちょう)とならび称される。伊勢(いせ)(三重県)長島藩主増山正賢(ましやま-まさかた)につかえた。天保(てんぽう)10年4月25日死去。81歳。本姓は結城。名は鯤。字(あざな)は子魚。通称は門弥。別号に烟霞釣叟など。著作に「西遊日簿」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

春木南湖

没年:天保10.4.25(1839.6.6)
生年:宝暦9(1759)
江戸後期の伊勢長島藩(三重県)藩士,画家。江戸の人。名は鯤。字は子魚。南湖と号した。天明8(1788)年,藩主増山雪斎の命により長崎へ遊学。そのときの日記『西遊日簿』によれば,長崎で来舶清人張秋谷や費晴湖と交流した。画家春木南溟は子。

(武田光一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

春木南湖の関連情報