コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春田永年 はるた ながとし

2件 の用語解説(春田永年の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春田永年 はるた-ながとし

1753-1800 江戸時代中期-後期の具足師。
宝暦3年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)の人。江戸にすみ幕府御用をつとめる。清水浜臣(はまおみ)に古典をまなび,故実に精通した。寛政12年5月29日死去。48歳。字(あざな)は静甫,甲寿。通称は播磨。号は平山,寿廉堂。著作に「温古〓(「北」の下に「穴」、さらに下に「允」)彙(ぜんい)」「甲組類函(こうぐみるいかん)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

春田永年

没年:寛政12.5.29(1800.7.20)
生年:宝暦3(1753)
江戸中期の有職故実家。通称は播磨。字,静甫,甲寿。号は平山,寿廉堂。幕府御用具足師の家に生まれ,家職を継いだ。清水浜臣に古典を学び,柴野栗山,住吉広行,三輪陽典らと親しかった。祖父故明が幕命を奉じて諸国の社寺旧家の古武具の調査模写に従事,徳川吉宗の『延喜式』所載古器物の調査復元に参画して家の学を形成し,永年がそれを発展させた。特に甲冑の故実に精通。著書『温古〓彙』(染韋の絵様集成の図録を解説),『甲組類鑑』『延喜式工事解』など。

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

春田永年の関連キーワードインド哲学大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎銚子醤油日本の民家春田永年マイモン加納久周定率減税

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone