コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晶氷 しょうひょう frazil ice

1件 の用語解説(晶氷の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

晶氷

真水と異なり、海水が最大密度になる温度はその結氷温度より低いため、海氷が生成するには海底または密度躍層までの表面混合層全体が結氷温度に下がるまで 凍らない。それ以上に冷やされると、混合層の上部の海水中に数mmの針状または板状の氷片を生じる。これを晶氷という。晶氷の密度は海水の密度より小さい ため、海面に浮上して集まって海綿状の氷を作る。さらに冷却が進むと海綿氷は氷殻・板状軟氷・蓮葉氷に成長していく。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

晶氷の関連キーワード海水温度限界温度帯最大氷結晶生成帯最適増殖温度実感温度ヴィーンの変位法則カイユテ‐マティアスの法則直径線の法則キャベリング現場密度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone