コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海綿氷 かいめんひょうsludge

翻訳|sludge

海の事典の解説

海綿氷

海氷の成長の初期の一段階。晶氷の集まった氷泥、あるいは結氷温度に近い海面に降った雪からなる雪泥の氷晶が氷着し合って作られる直径数cmの白っぽい海 綿状の塊を海綿氷と呼ぶ。スポンジ氷と呼ぶこともある。さらに冷却が続けば、海綿氷や氷殻がくっつき合い、厚さを増して板状軟氷が形成される。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいめん‐ひょう【海綿氷】

海面に浮かぶ晶氷や、海面に降った雪の結晶が結合してつくられる海綿状の氷。さらに冷却が進むと氷殻とともに厚さを増し、板状軟氷が形成される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

海綿氷の関連キーワード海氷

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android