コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智鳳 ちほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智鳳 ちほう

?-? 新羅(しらぎ)(朝鮮)の僧。
飛鳥(あすか)時代に来日。大宝3年(703)智鸞(ちらん),智雄とともに唐(とう)(中国)にわたり,智周にまなぶ。帰国後,大和(奈良県)飛鳥寺(法興寺元興寺)で法相(ほっそう)・唯識(ゆいしき)をひろめた。慶雲3年維摩会(ゆいまえ)講師(こうじ)をつとめた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

智鳳の関連キーワード大足石刻法相宗義淵