コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗所視 あんしょし scotopic vision

1件 の用語解説(暗所視の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暗所視
あんしょし
scotopic vision

夜間ないしは薄明時のような低輝度条件下や暗順応状態における視覚をさす。この条件下では,網膜の光受容細胞のうち,おもに周辺部に分布している桿体細胞が働くので,桿体視とも呼ばれる明所視よりも白色光に対する感度が高く,また,暗所視で最も明るく感じられる色は,スペクトル上,510nm (1nmは 10-9m ) あたりに相当する波長の光である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暗所視の関連キーワード白夜耐性石原薄明かり・薄明り乃至は紅葉のような手薄明り好浸透圧性菌類定容平衡式反応定容式

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

暗所視の関連情報