コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗所視 あんしょしscotopic vision

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暗所視
あんしょし
scotopic vision

夜間ないしは薄明時のような低輝度条件下や暗順応状態における視覚をさす。この条件下では,網膜の光受容細胞のうち,おもに周辺部に分布している桿体細胞が働くので,桿体視とも呼ばれる。明所視よりも白色光に対する感度が高く,また,暗所視で最も明るく感じられる色は,スペクトル上,510nm (1nmは 10-9m ) あたりに相当する波長の光である。 (→プルキニェ現象 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

暗所視の関連キーワード視感度曲線明るさ薄明視色覚

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暗所視の関連情報