桿状体/杆状体(読み)カンジョウタイ

精選版 日本国語大辞典の解説

かんじょう‐たい カンジャウ‥【桿状体】

〘名〙 脊椎動物の網膜にあって、棒状の突起を有する視細胞。弱光に鋭敏に反応するロドプシンという色素を含み、光の明暗を感じるが色彩を区別する能力はない。桿体。棒状体。桿状細胞。棒細胞。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android