コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄明視 はくめいしmesopic vision

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薄明視
はくめいし
mesopic vision

薄明時あるいは明所視暗所視の中間の状態における視覚。この条件下では網膜における2種の光受容系である杆体系と錐体系の機能が混在し,視覚は,一方から他方へと機能が移行する状況を反映するといわれる。明所視から暗所視に移る中間段階という意味で中間明度視ともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の薄明視の言及

【標準比視感度】より

… ところで人間の目の性質は錐体の明所視から桿体の暗所視へ突然変化するのではなく,中間に錐体,桿体の両者がともに機能する状態がある。いわゆる薄明視と呼ばれるもので,このときの比視感度はV(λ)とV′(λ)の中間の形状となる。しかしその形状は一定でなく,周囲の明るさによって連続的に変化する。…

※「薄明視」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

薄明視の関連キーワードヨハネス・フォン クリース順応(視覚)ロドプシン棒細胞視細胞明るさ視物質

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android