コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗行御史 あんこうぎょしamhaeng-ǒsa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暗行御史
あんこうぎょし
amhaeng-ǒsa

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 時代に設けられた特命監察官の呼称。別称一別繍衣,直指。その身分は若い堂下官で必ずしも高官ではないが,国王から直接に視察内容を記した命令書を手交され,事目,馬牌 (ばはい) ,鍮尺をもって各地を探察し,郡県の守令などの非違を調べ,国王に直接復命するほか,場合によっては地方官に代って裁判もするなど強力な権限をもっていた。御史の起源はすでに高麗朝時代から存在するが,朝鮮王朝になって暗行御史の名称が生じた。暗行御史はその任務内容の性格から後期には党派争いの渦中に巻込まれることもあったが,制度としては朝鮮王朝末,高宗 (→李太王 ) 時代まで存続した。有名な『春香伝』にも暗行御史の活動が記されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんこうぎょし【暗行御史】

朝鮮,李朝時代の臨時官職の一つで,地方官の不正摘発,地方民情の探索を任務とした。御史とは臨時官職の総称であるが,中宗時代(16世紀前半)に暗行御史が初めて記録に現れ,盛んに派遣されるのは李朝後期に入ってからであり,1892年まで続いた。その身分は国王直属であり,国王から暗行御史としての命を受けた者は,帰宅することも許されずに直ちに出発し,ソウル門外に至って命令書を開封して初めてその任務地等を知った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android