コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李太王 りたいおうYi t'aewang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李太王
りたいおう
Yi t'aewang

[生]哲宗3(1852)
[没]1919
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の第 26代の王 (在位 1863~1907) 。姓名は李載晃。幼名は命福。諱はき。号は珠淵。廟号は高宗。大院君の次子。先王の哲宗は嗣子のないまま没したので,傍系の彼が 12歳で即位した。幼少のため大院君が摂政となった。李太王 10 (1873) 年大院君が政権を奪われ,王妃閔妃一族が台頭してくると,大院君と閔妃派の抗争で李太王は苦しめられた。一方,朝鮮は日本,清,ロシアなどの植民地争奪戦の対象となり,ついに光武9 (1905) 年の乙巳保護条約 (→日韓協約 ) を締結,翌年日本の統監府の設置以後,実質的に日本の植民地となった。同 11年ハーグ密使事件で日本の圧力により退位させられた。日韓併合後は徳寿宮李太王といわれ,日本の皇族待遇を受けた。 1919年李太王が死去したとき,日本のスパイに毒殺されたという風説が広まり,反日独立の三・一運動が展開された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

り‐たいおう〔‐タイワウ〕【李太王】

[1852~1919]李氏朝鮮の第26代の王。在位1863~1907。廟号(びょうごう)は高宗。大院君の第2子。12歳で即位。国内の権力抗争、日清の対立、日本の侵略に苦しんだ。ハーグ密使事件で日本に退位を強制され、のち毒殺された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りたいおう【李太王】

1852~1919) 朝鮮王朝第二六代の王(在位1863~1907)。廟号びようごうは高宗。一二歳で即位、摂政である父の大院君と王妃の閔妃ミンビ一族との政争に苦しみ、日露戦争後、ハーグ密使事件で日本に強要され退位。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

李太王の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三ノット(速さの単位)ブンゼンペリー(Matthew Calbraith Perry)デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone