コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲礼 キョクライ

デジタル大辞泉の解説

きょくらい【曲礼】

礼記(らいき)」の編名。

きょく‐れい【曲礼】

立ち居振る舞いなどの細かな礼儀作法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくらい【曲礼】

〔こまごました礼の意〕
「礼記」の巻頭の編名。古い礼の定めをこまかく雑記してある。

きょくれい【曲礼】

立ち居振る舞いなどの礼儀作法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

曲礼の関連キーワード人に事うるを知る者にして然る後に以て人を使うべし鸚鵡よく言えども飛鳥を離れず君父の讐は倶に天を戴かず君父の讐は俱に天を戴かず不倶戴天・不俱戴天三度諫めて身を退く局・旭・曲・棘・極三度諫めて身退く俱に天を戴かず倶に天を戴かず負薪の憂い歓を尽くす負薪の憂え致仕・致事手を拱く不倶戴天淫祠邪教藤原菅根昏定晨省血を歃る

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android