コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礼器 れいき

大辞林 第三版の解説

れいき【礼器】

祭祀などのときに用いる器物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

礼器
れいき

中国の殷(いん)・周時代に盛んに鋳造された青銅器のうち、祭祀(さいし)に用いられ、奇怪な饕餮(とうてつ)文や鳳凰(ほうおう)などの文様で装飾された容器と楽器の総称。とくに殷後期以降の青銅器には、銘文が鋳込まれるようになり、銘文からも、祖先を祭祀するのに用いられた神聖な器物であることが知られる。
 殷・周時代には祖先を祭祀することは、王とその支配下にある諸侯とを政治的に秩序づけることを意味しており、礼器は祭政一致の象徴。[武者 章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

礼器の関連キーワード鼎の軽重を問う曾侯乙墓三足土器中国美術中国銅器考工記へん禁俎・爼楊峴器物漢碑玉器祭祀食器

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

礼器の関連情報