コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書加竜 ふみの かりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

書加竜 ふみの-かりょう

日本書紀」にみえる人。
王仁(わに)の後裔(こうえい)。河内(かわち)古市(ふるち)郡古市郷(大阪府羽曳野(はびきの)市)に居住,文筆をもって朝廷につかえた渡来系の氏族雄略天皇9年妻の出産祝いにきた義父田辺伯孫(たなべの-はくそん)が月夜にかえる途中,誉田(ほんだ)((こんだ))陵(応神(おうじん)天皇陵)のもとで交換した赤い馬が,翌朝埴輪(はにわ)になっていたという伝承がある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

書加竜の関連キーワード王仁

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android