書斎の聖アウグスティヌス

デジタル大辞泉の解説

しょさいのせいアウグスティヌス【書斎の聖アウグスティヌス】

《原題、〈イタリアSant'Agostino nello studioボッティチェリの絵画。フィレンツェにあるオニサンティ教会内壁のフレスコ画西方教会の教父アウグスティヌスを描いたもの。ギルランダイヨの「書斎の聖ヒエロニムス」と対をなす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android