コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書(き)本 カキホン

デジタル大辞泉の解説

かき‐ほん【書(き)本】

筆で書いた本。写本。
語り役者が、独特の大文字で節付けを書いた浄瑠璃正本(しょうほん)。
講談などで語られるものを読み物として出版したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

書(き)本の関連キーワード兵範記(へいはんき)ラテン・アメリカ文学源氏物語玉の小櫛呵刈葭・呵苅葭クロスターマンシリア語訳聖書地名字音転用例グリースバハいはでしのぶおくのほそ道カンテミール字音仮字用格アーラント玉の緒繰分明律国字解サドカイ派十三経注疏東都歳事記岡西 為人延命院日道

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android