コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

速記本 そっきぼん

大辞林 第三版の解説

そっきぼん【速記本】

落語や講談の速記を書物としたもの。1884年(明治17)刊、三遊亭円朝の「怪談牡丹灯籠」を嚆矢こうしとする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そっきぼん【速記本】

落語,講談の口演筆録の刊行物。講談のものは講談本ともいう。1884年刊,三遊亭円朝口演《怪談牡丹灯籠》を嚆矢(こうし)とする。これは,田鎖(たくさり)綱紀の速記講習会を卒業した若林玵蔵(かんぞう)と酒井昇造との速記の効用宣伝を目的にした仕事だったが,この成功によって,《塩原多助一代記》《英国孝子之伝》など円朝の速記本をはじめ,落語,講談の速記本が相ついで刊行され,89年には東京金蘭社から落語・講談速記専門誌《百花園》も創刊され,速記本は,伝統的な話芸にとって欠かせない存在となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

速記本の関連キーワード翁家 さん馬(5代目)三遊亭 円朝(初代)松林 伯円(2代目)おもな講談の演目松林伯円(2代)一休諸国ばなし笹野名槍伝言文一致松林伯円桃川 実桃川如燕旭堂南陵桃川実書物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

速記本の関連情報