コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

速記本 そっきぼん

大辞林 第三版の解説

そっきぼん【速記本】

落語や講談の速記を書物としたもの。1884年(明治17)刊、三遊亭円朝の「怪談牡丹灯籠」を嚆矢こうしとする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そっき‐ぼん〔ソクキ‐〕【速記本】

落語や講談の口演を速記で記録した刊行物。明治17年(1884)刊行の「怪談牡丹灯籠」に始まる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そっきぼん【速記本】

落語,講談の口演筆録の刊行物。講談のものは講談本ともいう。1884年刊,三遊亭円朝口演《怪談牡丹灯籠》を嚆矢(こうし)とする。これは,田鎖(たくさり)綱紀の速記講習会を卒業した若林玵蔵(かんぞう)と酒井昇造との速記の効用宣伝を目的にした仕事だったが,この成功によって,《塩原多助一代記》《英国孝子之伝》など円朝の速記本をはじめ,落語,講談の速記本が相ついで刊行され,89年には東京金蘭社から落語・講談速記専門誌《百花園》も創刊され,速記本は,伝統的な話芸にとって欠かせない存在となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

速記本の関連キーワード単元株制度民事再生法生物多様性条約陵墓安心・安全ビジネス松岡修造中浦ジュリアン国連生物多様性条約会議オウム真理教事件契丹文字

速記本の関連情報