コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大字 オオアザ

デジタル大辞泉の解説

おお‐あざ〔おほ‐〕【大字】

町村内の区画の一。小字(こあざ)を含む比較的広い地域。

だい‐じ【大字】

大きな文字。大文字。
漢数字の「一・二・三」などの代わりに用いる「壱・・参」などの文。証書などで用いる。
[補説]大字2の一覧
一:壱(壹)
二:弐(貳)
三:参(參)
四:肆
五:伍
六:陸
七:漆
八:捌
九:玖
十:拾
百:佰、陌
千:仟、阡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおあざ【大字】

町や村の中の一区画で、比較的広く、いくつかの小字こあざを含むものの名。昔、町・村であったものが、明治初年の市町村制施行の際に市町村の一区画とされたもの。大名おおな。 ↔ 小字

だいじ【大字】

大きな字。おおもじ。 ↔ 小字
「一・二・三」などの代わりに用いる「壱・弐・参・肆・伍・陸・漆・捌・玖・拾・佰・阡」などの字。金銭証書などに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大字の言及

【字】より

…行政区画の単位で,大字と小字とがあり,ふつう,字というのは小字である。元来は狭い範囲の土地の名であった。…

【村】より

…むらは中世から近世にかけて小農の家を構成単位とし,その生活・生産の共同と連帯の組織として登場し今日まで存在してきたものである。江戸時代の支配単位としての村が明治以降も解体することなく存続したのがむらであり,むらは江戸時代の村を地籍表示として継承した大字に一致するという理解が一般的であるが,しかし支配単位としての村から生活・生産の組織としてのむらを理解することは正しくない。江戸時代の村,したがって大字と生活・生産の組織としてのむらが一致するのは近畿地方や北陸地方ではごく普通であるが,近畿地方から東西に離れるにつれてしだいに一致しなくなり,江戸時代の村=大字の範囲にいくつものむらがある姿が通例となる。…

【村方文書】より

組頭クラスの旧家に保存されている例も多い。また区有文書(旧村の多くは現在大字あるいは区と呼ばれている)として年々の区長宅に持回りされたり,区の倉庫や寺社に保管されている例もある。旧名主・庄屋や組頭が質屋や酒造業を営んでいたような場合には営業許可関係の公文書とともに私的な営業帳簿が残っていることがある。…

【村境】より

…そして,近世初頭の検地とそれに伴う村切は,百姓の耕作する田畑を必ずどこかの村に帰属させ,検地帳に登録したので,支配単位としての近世の村に属する田畑は地図に示すことができるようになり,その境界も明確となった。この範域は原則的に地租改正に引き継がれ,現在の大字(おおあざ)の範囲となっている。範域としての境界においても道祖神(どうそじん)がまつられたり,道切りが行われることもあるが,事例的には少なく,一般的には村境として強く意識されていない。…

※「大字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大字の関連キーワードSL郷愁の旅和田志ら露松ケ谷天長喜乃井養老春洋正宗千歳玉菊ほまれ鶴寿々美駒羽陽花心不老長寿長陽旭鶴市町村竹田桜糸根鶴富久寿信延寿勢の友壁新聞谷乃越萬寿玉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大字の関連情報