コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書生節 ショセイブシ

デジタル大辞泉の解説

しょせい‐ぶし【書生節】

明治6年(1873)ごろからはやりだした流行歌。「書生書生と軽蔑するな、末は太政官のお役人」が原歌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょせいぶし【書生節】

明治初期の流行歌。多く「書生書生と軽蔑するな」で始まる。「書生書生と軽蔑するな、大臣参議もみな書生」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の書生節の言及

【演歌】より

…ところが日清戦争後は,政治的土壌や国内思潮の変化とも相まって激烈な歌詞は影をひそめ,月琴(げつきん)を携えた書生が男女間の愛情をテーマにしはじめた。〈書生節〉や〈演歌師〉という名称も一般的となり,新たに風紀や治安問題がかしましくなった。演歌は,硬派から軟派へと変わりはじめたのである。…

※「書生節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

書生節の関連キーワード演歌・艶歌神長 瞭月演歌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android