コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

演歌師 えんかし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

演歌師
えんかし

演歌の演は,本来政談演説の演で,盛り場などで演歌を歌い,刷り物を売った壮士くずれの書生をいったが,やがて,アコーディオンバイオリンなどとともに,流行歌を歌い歩く流しをもさすようになった。市井心中情話を歌うようになり艶歌師とも書く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えんか‐し【演歌師/艶歌師】

明治後期から昭和の初めごろまで、盛り場や街頭でバイオリン・アコーディオンなどを弾きながら流行歌を歌い、その歌詞の本を売った楽士。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

演歌師
えんかし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の演歌師の言及

【演歌】より

…ところが日清戦争後は,政治的土壌や国内思潮の変化とも相まって激烈な歌詞は影をひそめ,月琴(げつきん)を携えた書生が男女間の愛情をテーマにしはじめた。〈書生節〉や〈演歌師〉という名称も一般的となり,新たに風紀や治安問題がかしましくなった。演歌は,硬派から軟派へと変わりはじめたのである。…

※「演歌師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

演歌師の関連キーワード添田唖蝉坊・添田啞蟬坊巴里の屋根の下乞食(こじき)呑気節・吞気節北九州炭坑節添田 啞蟬坊添田 唖蝉坊添田啞蟬坊鳥取 春陽枯れすすき桜井 敏雄野口男三郎オッペケペ石田 一松添田唖蝉坊神長 瞭月多 忠亮野口雨情南 喜一添田知道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

演歌師の関連情報