書簡文体・書翰文体(読み)しょかんぶんたい

精選版 日本国語大辞典「書簡文体・書翰文体」の解説

しょかんぶん‐たい【書簡文体・書翰文体】

〘名〙 手紙に用いる文体。文語文体の一種で、普通文に対して、「」を用いる候文(そうろうぶん)などをいう。書簡文
煤煙(1909)〈森田草平〉二七「始め書簡文体で書出して、後の方では言文一致になってゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android