コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通文 ふつうぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普通文
ふつうぶん

日本語の文章語の一つの文体。文語体の一種。漢文訓読の語法が基礎になって,擬古文や消息文の要素が加わり,漢字かな交りで書かれる。明治期に発達し広く使われるようになった。言文一致運動の影響で大正以後は次第に口語体に取って代られ,現在ではほとんど用いられない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふつう‐ぶん【普通文】

現代普通に使う文体で書かれた文章。候文・韻文以外の現代文。
明治時代から大正初期にかけて、広く一般に行われた漢字かなまじりの文語文。和文体・漢文直訳体などを融合したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふつうぶん【普通文】

明治以降に用いられた文語文の一種。従来の漢文訓読的な文語文に古文・擬古文・消息文などをとり入れて作り出され、法令文・教科書や新聞雑誌などに用いられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報