コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

候文 そうろうぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

候文
そうろうぶん

主として手紙に用いられた文語文の一文体。「」を「あり」の代りに,また補助動詞として用いる。「候」は平安~鎌倉時代話し言葉で用いられ,その頃は私的な文書にしか書かれなかったが,近代になって話し言葉から消えるにつれて公的な文書にも用いられるようになった。元来は漢字だけで書かれた変体漢文であったが,のちに助詞などは,かなで書くようにもなった。現在では一般にはほとんど用いられない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうろうぶん【候文】

書簡に多く用いられた文語体の文章の一種。「ございます・ます」などにあたるところに「候」という丁寧語を使って書く。鎌倉時代にほぼ整い、江戸時代には公用文にも用いられた。明治以後、学校教育でも教えたが、現在はほとんど用いられない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

候文
そうろうぶん

おもに手紙で用いられた、文語体の文。現代「あります」と書く部分に「候」を用いるところに特徴がある。平安時代の語法を基にした文語文法に基づく文語体に、おりおり漢文体を交えた文体。第二次世界大戦終了以前までは、公的な文書をはじめ、いわゆる知識層の間での手紙文として広く用いられたが、1946年(昭和21)に公用文が口語体に改められ、私的な場面でも廃れてゆき、現在はほとんど用いられない。「候」は、動詞「さぶらふ」から転じた語で、謙譲の意を表す語から、ていねいの意を表す語に変化した語。平安時代は多く「侍(はべ)り」が用いられていたが、徐々に「候」の用いられる場合が増えてゆき、平安時代末期からはむしろ「候」が優勢となる。室町時代の初期に、手紙文の作法書『庭訓往来(ていきんおうらい)』が書かれ、以後のこの種の書物の模範となった。本書は、「候」を用いた文例が大幅に取り入れられたことから、「候文」は以後の手紙文の主流となった。「候」は本来、謙譲の意を示す語であったから、「候文」も目上相手に書かれるのが主であったが、使用範囲も広がり、目下の者への手紙にも用いられた。江戸時代の公文書に使われた場合もあり、その習慣が第二次大戦終了まで続いたのである。[山口明穂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

候文の関連キーワードサンスクリット語可く杯・可く盃園比屋武御嶽乳母の草子与那原良応恐懼・恐惧恐惶謹言捷解新語書簡文体書牘体仕り候普通文書簡文文末候ふ恐惶陳者恐懼まま語り

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

候文の関連情報