書記像(読み)しょきぞう(英語表記)statue of scribe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

書記像
しょきぞう
statue of scribe

古代エジプトの彫像の一型式。あぐらをかき,膝の上にパピルスの巻物を広げ,右手にペンを持って書く姿勢をとるか,手をパピルスに添えて読む姿勢をとっている。書記は古代エジプト社会にあっては高級官僚に相当する重要な役職で,主として貴族の子弟がその地位についた。書記像は王朝時代を通じて作られたが,特に古王国時代にすぐれたものが多い。石像,木像があり,石灰岩や木を材料とするものは彩色された。サッカラ出土,第5王朝に属する「カイロの書記」と「ルーブルの書記」が傑作である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android