コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書記像 しょきぞうstatue of scribe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

書記像
しょきぞう
statue of scribe

古代エジプトの彫像の一型式。あぐらをかき,膝の上にパピルスの巻物を広げ,右手にペンを持って書く姿勢をとるか,手をパピルスに添えて読む姿勢をとっている。書記は古代エジプト社会にあっては高級官僚に相当する重要な役職で,主として貴族の子弟がその地位についた。書記像は王朝時代を通じて作られたが,特に古王国時代にすぐれたものが多い。石像,木像があり,石灰岩や木を材料とするものは彩色された。サッカラ出土,第5王朝に属する「カイロの書記」と「ルーブルの書記」が傑作である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

書記像の関連キーワードエジプト美術

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android