曹長石化作用(読み)そうちょうせきかさよう(英語表記)albitization

岩石学辞典の解説

曹長石化作用

火成岩の灰長石に富む斜長石が曹長石で置換される作用[Cathrein : 1883, Bailey & Grabham : 1909, Dewey & Flett : 1911].火成岩の自変成作用,熱水溶液による交代作用,埋没変成作用などが原因と考えられている[片山ほか : 1970].スピライトなどに見られる.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android