曽我廼家 十吾(読み)ソガノヤ トオゴ

20世紀日本人名事典の解説

曽我廼家 十吾
ソガノヤ トオゴ

明治〜昭和期の喜劇俳優,脚本家



生年
明治24(1891)年12月4日

没年
昭和49(1974)年4月7日

出身地
兵庫県神戸市

本名
西海 文吾

別名
前名=曽我廼家 文福,筆名=茂林寺 文福(モリンジ ブンプク)

学歴〔年〕
橘小中退

経歴
明治32年神戸橘座で子役として初舞台。35年大阪に出、39年曽我廼家十郎に入門、曽我廼家文福と名乗る。その後喜劇団を転々、45年曽我廼家娯楽会座頭となり各地を巡演。大正13年永井茶釜と組み文福茶釜一座を興し、北九州で人気を博した。昭和2年曽我廼家十吾と改名、3年渋谷天外、浪花千栄子らと大阪に松竹家庭劇を結成、座長となる。23年曽我廼家五郎没後、明蝶、五郎八らを加えて松竹新喜劇を創立、24年道頓堀中座で旗揚げ公演。31年天外と対立し、退座、32年再び第2次松竹家庭劇を結成したが、40年解散。仁輪加(にわか)を土台にした芸風で、軽妙にして洒脱、十八番のお婆さん役には定評があった。一方、茂林寺文福の名で喜劇脚本「愛の小荷物」「アットン婆さん」など数百本を書いた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

曽我廼家 十吾
ソガノヤ トオゴ


職業
喜劇俳優 脚本家

本名
西海 文吾

別名
前名=曽我廼家 文福,筆名=茂林寺 文福(モリンジ ブンプク)

生年月日
明治24年 12月4日

出身地
兵庫県 神戸市

学歴
橘小中退

経歴
明治32年神戸橘座で子役として初舞台。35年大阪に出、39年曽我廼家十郎に入門、曽我廼家文福と名乗る。その後喜劇団を転々、45年曽我廼家娯楽会座頭となり各地を巡演。大正13年永井茶釜と組み文福茶釜一座を興し、北九州で人気を博した。昭和2年曽我廼家十吾と改名、3年渋谷天外、浪花千栄子らと大阪に松竹家庭劇を結成、座長となる。23年曽我廼家五郎没後、明蝶、五郎八らを加えて松竹新喜劇を創立、24年道頓堀中座で旗揚げ公演。31年天外と対立し、退座、32年再び第2次松竹家庭劇を結成したが、40年解散。仁輪加(にわか)を土台にした芸風で、軽妙にして洒脱、十八番のお婆さん役には定評があった。一方、茂林寺文福の名で喜劇脚本「愛の小荷物」「アットン婆さん」など数百本を書いた。

没年月日
昭和49年 4月7日 (1974年)

伝記
喜劇の帝王 渋谷天外伝上方喜劇―鶴家団十郎から藤山寛美まで渋谷天外伝 大槻 茂 著三田 純市 著大槻 茂 著(発行元 小学館白水社主婦の友社 ’99’93’92発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

曽我廼家 十吾 (そがのや とおご)

生年月日:1891年12月4日
明治時代-昭和時代の喜劇俳優;脚本家
1974年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曽我廼家 十吾の関連情報