松竹新喜劇(読み)しょうちくしんきげき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劇団名。 1948年 12月,五郎劇 (曾我廼家五郎一座) と松竹家庭劇 (曾我廼家十吾ら) に,2世渋谷天外らが加わって結成された。大阪俄 (にわか) の笑いを喜劇に高めた曾我廼家兄弟劇の流れをくみ,五郎 (筆名,一堺漁人〈いっかいぎょじん〉) ,十吾 (茂林寺文福〈もりんじぶんぷく〉) ,天外 (館直志〈たてなおし〉) らの作品を上演。その後十吾らが相次いで退団,天外が中心となり,門下藤山寛美花形として活躍。 65年天外が病気で倒れたのちは寛美がリーダーとなり,人気劇団の名をはせた。 90年5月寛美の急死により劇団を改組し,同年「新生松竹新喜劇」と改称,再スタートを切った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

関西喜劇の喜劇団。松竹傘下。旗揚げは1948年12月,大阪の中座で,以後もそこを本拠として活動し現在に至っている。旗揚げのプログラムは茂林寺文福(もりんじぶんぷく)こと曾我廼家十吾(そがのやとおご)(1892‐1974)と館直志(たてなおし)こと渋谷天外合作《の一本杉》,和老亭当郎(わろうていとうろう)こと曾我廼家十郎作《手》,一堺漁人(いつかいぎよじん)こと曾我廼家五郎作《嵯峨野の雪》ほかであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

劇団名。1948年(昭和23)12月、曽我廼家十吾(そがのやじゅうご)と2代目渋谷天外(しぶやてんがい)ら松竹家庭劇出身者を中心に大阪の中座で旗揚げされた。1990年(平成2)新生松竹新喜劇に改称。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松竹新喜劇の関連情報