コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾我廼家劇 そがのやげき

1件 の用語解説(曾我廼家劇の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そがのやげき【曾我廼家劇】

曾我廼家五郎(1877‐1948)と曾我廼家十郎(1869‐1925)によって始められた喜劇の名称。もと2人は歌舞伎の下級俳優だったが,歌舞伎に見切りをつけた五郎が大阪千日前の改良座で見た鶴屋団十郎の〈改良俄(にわか)〉(にわか)に触発され,廃業していた十郎を誘って笑わせる芝居を目ざして1903年に〈新喜劇〉の一座を結成した。これは日本で初めて〈喜劇〉の語を冠した一座であったが,やがて曾我兄弟にちなんで両名とも曾我廼家姓を名のり,04年2月,大阪浪花座で日露開戦に材を集めた五郎自作の《無筆の号外》をもって曾我廼家兄弟一座を旗揚げした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

曾我廼家劇の関連キーワード曾我廼家五郎曾我廼家十郎曾我廼家五九郎曽我廼家曽我廼家五郎一堺漁人曾我廼家五郎八曾我廼家蝶六曾我廼家鶴蝶曾我廼家明蝶

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone