コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾我廼家五郎 そがのやごろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曾我廼家五郎
そがのやごろう

[生]1877.9.6. 堺
[没]1948.11.1. 大阪
喜劇俳優,劇作家。本名和田久一。筆名一堺漁人。初め歌舞伎役者中村珊瑚郎の門下で珊之助といったが,鶴屋団十郎の仁輪加 (にわか) に刺激を受けて,1904年大阪浪花座で十郎とともに曾我廼家劇団を旗揚げ,『無筆の号外』で当り,以後涙と笑いの人情喜劇を自作自演。 13年十郎と別れて渡欧,帰国後,平民劇団を組織。五郎劇と改めて大阪喜劇の本流をなした。レパートリーのいくつかは松竹新喜劇に継承されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

曾我廼家五郎【そがのやごろう】

喜劇俳優,喜劇作者。本名和田久一。歌舞伎俳優から転じて,1903年曾我廼家十郎とともに〈新喜劇〉の一座を創立。日本で初めて〈喜劇〉の名を冠した劇団で,教訓的な義理人情劇は曾我廼家劇として人気を呼んだ。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾我廼家五郎 そがのや-ごろう

1877-1948 明治-昭和時代の喜劇俳優。
明治10年9月6日生まれ。はじめ歌舞伎役者で中村珊之助(さんのすけ)と名のる。大阪の俄(にわか)芝居をみて喜劇をこころざし,中村時代(ときよ)(曾我廼家十郎)と明治37年曾我廼家兄弟劇団をつくる。脚本,演出,主演をかね五郎劇を確立した。昭和23年11月1日死去。72歳。大阪出身。本名は和田久一。筆名は一堺漁人(いっかい-ぎょじん)。脚本に「無筆の号外」など。
【格言など】無さし野や三十年の泣き笑い(新橋演舞場横の句碑)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の曾我廼家五郎の言及

【松竹新喜劇】より

…旗揚げは1948年12月,大阪の中座で,以後もそこを本拠として活動し現在に至っている。旗揚げのプログラムは茂林寺文福(もりんじぶんぷく)こと曾我廼家十吾(そがのやとおご)(1892‐1974)と館直志(たてなおし)こと渋谷天外合作《丘の一本杉》,和老亭当郎(わろうていとうろう)こと曾我廼家十郎作《手》,一堺漁人(いつかいぎよじん)こと曾我廼家五郎作《嵯峨野の雪》ほかであった。参加メンバーには渋谷天外,曾我廼家十吾,浪花(なにわ)千栄子(1907‐73),藤山寛美(かんび)(1929‐90),曾我廼家大磯,曾我廼家明蝶(めいちよう),曾我廼家五郎八,曾我廼家鶴蝶(つるちよう)らがいる。…

【曾我廼家劇】より

…曾我廼家五郎(1877‐1948)と曾我廼家十郎(1869‐1925)によって始められた喜劇の名称。もと2人は歌舞伎の下級俳優だったが,歌舞伎に見切りをつけた五郎が大阪千日前の改良座で見た鶴屋団十郎の〈改良俄(にわか)〉(にわか)に触発され,廃業していた十郎を誘って笑わせる芝居を目ざして1903年に〈新喜劇〉の一座を結成した。…

【俄】より

…しかし宝楽が没し,団十郎も旅興行に出て帰阪しないまま1904年以降大阪俄は衰退する。これに代わって曾我廼家(そがのや)五郎・十郎の改良二○加が生まれ,やがて大阪の新喜劇へと展開し,近代日本の喜劇の幕明けとなるのである。現在大阪俄は1981年に最後の俄師ともいわれた2代目一輪亭花咲が没したあと,落語家の露乃五郎が3代目を継いで保存に努めている。…

※「曾我廼家五郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

曾我廼家五郎の関連キーワード曾我廼家五九郎曾我廼家五郎八曾我廼家蝶六曾我廼家鶴蝶レパートリー曾我廼家明蝶鶴屋団十郎大衆演劇9月6日一堺漁人自作自演仁輪加劇作家旗揚げ渡欧門下本流

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android