曾我氏(読み)そがうじ

世界大百科事典 第2版の解説

そがうじ【曾我氏】

相模国曾我荘を本領とする中世武家。系譜の上では桓武平氏の一流千葉氏に属するが,はじめて曾我を称した家以下の子孫が〈祐〉の1字を共有していることや,のちに陸奥国に拠点を移した子孫が伊豆に所領を相伝していることなどから考えると,下総本拠をおく千葉氏よりも,伊豆の雄族伊東氏と縁の深い一族であったといえる。祐家の子祐信の妻に迎えられた女性が,仇討で有名な曾我兄弟の母である。曾我兄弟の実父は伊東一族の河津祐泰であるが,祐泰の死後母親が曾我に嫁したため,その連れ子である兄弟も曾我を称したのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android