コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河津祐泰 カワヅスケヤス

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河津祐泰 かわづ-すけやす

1145-1176 平安時代後期の武将。
安元年生まれ。伊東祐親(すけちか)の長男。曾我(そが)兄弟(祐成(すけなり)・時致(ときむね))の父。伊豆(いず)河津(静岡県)の領主。伊東郷をめぐる父祐親と工藤祐経(すけつね)の所領争いがもとで,安元2年10月祐経の家来八幡(やわた)三郎,大見小藤太(おおみ-ことうだ)に射殺された。32歳。通称は三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

河津祐泰

没年:安元2(1176)
生年:生年不詳
平安末期の武士。伊豆国河津の住人。祐重,祐道ともある。河津三郎と称す。曾我兄弟の父。伊東祐親の嫡子。豪力の者として聞こえ,伊豆巻狩の際に源頼朝の前で行われた相撲で,日本一の名を得ていた俣野五郎を破っている。その直後,父祐親と工藤祐経の所領の争いから,祐経の手の者である八幡三郎に射殺されている。のちの遺子曾我十郎祐成,五郎時致の兄弟の仇討ちはこの遺恨による。

(飯沼賢司)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かわづのすけやす【河津祐泰】

?~1176) 鎌倉時代の武将。伊豆河津の人。伊東祐親の子。曽我兄弟の父。富士野の狩り場で工藤祐経に殺された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

河津祐泰の関連キーワード曽我兄弟・曾我兄弟河津掛け・河津掛曾我兄弟の母日本年号一覧曾我祐成曽我祐成曽我時致曾我時致鎌倉時代伊東祐泰曾我物河津掛曾我氏赤沢山没年

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android