コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾我祐信 そが すけのぶ

2件 の用語解説(曾我祐信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾我祐信 そが-すけのぶ

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
相模(さがみ)(神奈川県)曾我荘の領主。曾我祐成(すけなり)・時致(ときむね)兄弟の養父。治承(じしょう)4年(1180)大庭景親(おおば-かげちか)が源頼朝をやぶった石橋山の戦いでは平家方につくが,のち頼朝に降伏,本領をみとめられ御家人となる。通称は太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

曾我祐信

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉前期の武士。太郎と称す。桓武平氏の出自。相模曾我郷(小田原市)の住人。母は伊東祐家の娘。治承4(1180)年石橋山の戦で平家方に属したが,のち源頼朝に降参,本領を安堵された。曾我祐成・時致兄弟の母と再婚。建久4(1193)年富士の巻狩に加わり,継子である曾我兄弟の仇討ちのことで,隠退を許され,死んだ兄弟菩提のため曾我庄の年貢を免除された。子孫は御家人として鎌倉・室町幕府に仕え,のち武家故実家として知られた。北条得宗の被官だった一族は,陸奥津軽の地頭代として活躍。小田原市曾我に伝祐信供養の関東式宝篋印塔(鎌倉後期)がある。

(湯山学)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曾我祐信の関連キーワード堤盛尹袋草紙源行家鎌倉景政粟田口国頼一文字則宗曽我祐成曽我時致岡崎義実久下直光

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone