コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾我祐信 そが すけのぶ

2件 の用語解説(曾我祐信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾我祐信 そが-すけのぶ

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
相模(さがみ)(神奈川県)曾我荘の領主。曾我祐成(すけなり)・時致(ときむね)兄弟の養父。治承(じしょう)4年(1180)大庭景親(おおば-かげちか)が源頼朝をやぶった石橋山の戦いでは平家方につくが,のち頼朝に降伏,本領をみとめられ御家人となる。通称は太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

曾我祐信

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉前期の武士。太郎と称す。桓武平氏の出自。相模曾我郷(小田原市)の住人。母は伊東祐家の娘。治承4(1180)年石橋山の戦で平家方に属したが,のち源頼朝に降参,本領を安堵された。曾我祐成・時致兄弟の母と再婚。建久4(1193)年富士の巻狩に加わり,継子である曾我兄弟の仇討ちのことで,隠退を許され,死んだ兄弟菩提のため曾我庄の年貢を免除された。子孫は御家人として鎌倉・室町幕府に仕え,のち武家故実家として知られた。北条得宗の被官だった一族は,陸奥津軽の地頭代として活躍。小田原市曾我に伝祐信供養の関東式宝篋印塔(鎌倉後期)がある。

(湯山学)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone