コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最上川県立自然公園 もがみがわけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最上川県立自然公園
もがみがわけんりつしぜんこうえん

山形県北部,庄内平野新庄盆地との間の最上峡を中心とする自然公園。面積 18.48km2。 1971年指定。最上川出羽山地を横断する戸沢村古口から庄内町清川までの約 16kmの区間の流域を含む一帯。松尾芭蕉がこの区間を舟で下り「五月雨をあつめて早し最上川」の句を詠んでいる。白糸の滝をはじめ数多くの滝があり,西寄りに草薙温泉がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

最上川県立自然公園の関連キーワード戸沢(村)庄内(町)酒田(市)酒田市松山

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android