最上川県立自然公園(読み)もがみがわけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「最上川県立自然公園」の解説

最上川県立自然公園
もがみがわけんりつしぜんこうえん

山形県北部,庄内平野新庄盆地との間の最上峡を中心とする自然公園。面積 18.48km2。 1971年指定。最上川出羽山地を横断する戸沢村古口から庄内町清川までの約 16kmの区間流域を含む一帯松尾芭蕉がこの区間をで下り「五月雨をあつめて早し最上川」のを詠んでいる。白糸をはじめ数多くの滝があり,西寄りに草薙温泉がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android