コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出羽山地 でわさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出羽山地
でわさんち

青森県南西部から,秋田県山形県の 3県にまたがり南北に連なる丘陵性の山地新第三紀末の隆起によってできた山地で,平均標高約 500m。地質は花崗岩を基盤とした中新世以後の新第三紀層が主体である。米代川雄物川子吉川などによって分断され,北から白神山地太平山地笹森丘陵丁岳山地に区分される。鳥海火山帯がこの山地と並走し,そのなかに岩木山鳥海山などの火山がある。この一帯は鳥海国定公園に指定されている。山地は日本海より吹き寄せる冬の季節風を受けて深雪地帯をなす。年降水量も約 1800mmで比較的多く,いたるところにヒバ,スギの美林が繁茂し,森林資源が豊富である。古くから鉱山が開発され,太良鉱山(だいらこうざん),尾太鉱山(おっぷこうざん),花岡鉱山などはかつて大いに栄えたが,今日では採掘は行なわれていない。山地の斜面を利用した牧畜が大規模に行なわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

出羽山地【でわさんち】

青森県南西部から山形県北部にかけて南北に延びる丘陵性山地。盆地や河川に分断されて北から白神山地,太平山地,笹森丘陵,丁岳(ひのとだけ)山地に分かれ,平均標高500m。
→関連項目奥羽山脈山形[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でわさんち【出羽山地】

東北地方の日本海側に南北に断続して分布する山地・丘陵地の総称。出羽丘陵とも呼ばれる。青森,秋田,山形の3県にまたがり,日本海に注ぐ4本の河川によって分けられた五つの地塊山地からなる。すなわち,北から津軽山地白神山地太平山地笹森丘陵丁岳(ひのとだけ)山地の5地塊で,それらの間に岩木川米代川,雄物川,子吉(こよし)川の4河川がそれぞれ先行谷として山地・丘陵地を横断しながら北西ないし西へ向かって流下している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕出羽山地(でわさんち)


東北地方の日本海側を南北に走る丘陵性の山地。青森・秋田・山形の3県にまたがる。米代(よねしろ)川・雄物(おもの)川などの諸河川が横断し、白神(しらかみ)山地・太平(たいへい)山地・笹森(ささもり)丘陵・丁岳(ひのとだけ)山地の4地塊に分断される。鳥海(ちょうかい)火山帯と重なり、北から岩木(いわき)山(標高1625m)・田代(たしろ)岳(同1178m)・鳥海山(同2236m)・月山(がっさん)(同1984m)などが突出する。日本海岸式気候の深雪地帯であり、スギ・ヒバなどの森林資源に富み、ツキノワグマ・カモシカが生息。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出羽山地
でわさんち

青森、秋田、山形の3県にまたがり、東北地方の西側を南北に走る山地。岩木川、米代(よねしろ)川、雄物(おもの)川、最上(もがみ)川の諸川によって切断され、北から白神(しらかみ)山地、太平(たいへい)山地、笹森(ささもり)丘陵、丁岳(ひのとだけ)山地に分けられる。山地はおもに第三紀の凝灰岩、砂岩、泥板岩から構成されている。また鳥海(ちょうかい)火山帯を伴い、北部にコニーデ型の岩木山(1625メートル)、南部にアスピーテ型の鳥海山(2236メートル)がそびえ、前者は津軽国定公園、後者は鳥海国定公園に含まれる。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

出羽山地の関連キーワード最上川県立自然公園平田(山形県)雄物川[町]東由利[町]西仙北[町]西木[村]平田[町]藤島[町]雄和[町]戸沢(村)中山[町]長井[市]神岡[町]協和[町]南外[村]庄内平野男鹿半島出羽三山鷹巣盆地本荘街道

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android