最上峡(読み)もがみきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「最上峡」の解説

最上峡
もがみきょう

山形県北部,最上川出羽山地を横切って西流するところに形成された峡谷。俗に山内(やまのうち)と呼ばれる。戸沢村古口から庄内町清川までの約 16kmをいう。1971年,最上川県立自然公園に指定されている。新庄盆地庄内平野にある新第三紀層の山地を先行性河川の最上川が流れ,両岸断崖を形成。谷壁には白糸の滝など多くの滝があり,雄大な峡谷美に富む。両岸にはスギ林と広葉樹植生があり,紅葉時が観光の好期。古口-草薙温泉間には観光船の川下りがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android