最小仕事の原理(英語表記)principle of least work

法則の辞典の解説

最小仕事の原理【principle of least work】

構造解析に応用されるエネルギー原理の一つ.外力の作用を受けて釣合状態にある構造物の歪みエネルギーを,不静定力の関数として求めた場合に,この不静定力は歪みエネルギーを最小にするように働くという原理.最小到達時間の原理*フェルマーの原理*も参照.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android