コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最小仕事の原理 principle of least work

1件 の用語解説(最小仕事の原理の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

最小仕事の原理【principle of least work】

構造解析に応用されるエネルギー原理の一つ.外力の作用を受けて釣合状態にある構造物の歪みエネルギーを,不静定力の関数として求めた場合に,この不静定力は歪みエネルギーを最小にするように働くという原理.最小到達時間の原理*フェルマーの原理*も参照.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最小仕事の原理の関連キーワード光弾性作用線弾性エネルギー弾性波弾性限界非線形弾性体法線応力効果カスティリアーノの第一定理カスティリアーノの定理相反作用の定理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone