コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最尤法 さいゆうほうmethod of maximum likelihood

2件 の用語解説(最尤法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最尤法
さいゆうほう
method of maximum likelihood

数理統計学の母数推定論において点推定を得る方法の一つ。母数の値が θ のとき,観測値 (標本) x1x2,…,xn を得る確率を fθ(x1x2,…,xn) と書くとする。いま,標本 x1x2,…,xn がすでにとられたとすると,fθ(x1x2,…,xn) は θ の関数であって,各 θ についてこれらの標本の値がどの程度得られやすいものであるかの程度を表わす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の最尤法の言及

【数理統計学】より

…標本分散Vは母分散σ2の充足推定量であるが,mが未知のときのσ2の不偏推定量Uは充足推定量ではない。 これまでと少し違った観点から推定量を求める方法として最尤(さいゆう)法がある。母集団の分布がパラメーターθを含む密度関数f(x,θ)で表されるとする。…

※「最尤法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone