コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数理統計学 スウリトウケイガク

世界大百科事典 第2版の解説

すうりとうけいがく【数理統計学 mathematical statistics】

統計学はもともとヨーロッパでおこり,国勢調査税収の状況,あるいは貿易の量など国家の重要事項に関するデータ集り取扱いを意味しており,今日のものとは異なる意味をもつものであった。その後,多数の数値を扱う数学的理論が開発されるに従って,数理統計学として応用数学の一分野にまで発展するに至った。それは,(1)データのもとになる集団に対する研究,(2)集団の変動の研究,(3)データの分布状況の特性を見いだすことなどを目標とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すうりとうけいがく【数理統計学】

集団現象に関する数字データを確率論などの数学理論を用いて処理する統計学。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数理統計学
すうりとうけいがく

統計学」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の数理統計学の言及

【統計学】より


[理論統計学]
 理論統計学は,官庁統計のみならず,一般に集団的現象に関する数字データを扱う方法を考察する。それは一般に数理統計学とも呼ばれるが,数学的論理にのみ尽きるものではなく,一般に数字データの本質,その意義などを方法論的に吟味することも必要である。理論統計学の主要な分野は統計的データの分析法,および統計データの作成法の二つからなる。…

【ピアソン】より

…ケンブリッジ大学で数学を学び,ロンドン大学の教授となる。F.ゴールトンの影響により,生物学における統計的方法に興味をもつに至り,ゴールトンとともに雑誌《計量生物学Biometrika》を創刊し(1901),また近代的数理統計学の基礎を築いた。その主要な貢献としては,相関係数の定義,回帰分析の方法の確立,χ2適合度検定法の発明,〈ピアソン系分布〉の導入,統計量の大標本のもとでの〈蓋然(がいぜん)誤差〉の計算,母数推定の積率法の提案などがある。…

※「数理統計学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

数理統計学の関連キーワードピアソン(Karl Pearson)B.L. ファン・デル・ベルデンL. ボルトキェヴィッチノンパラメトリック推論ハロルド ホテリングハラルド クラメールカール ピアソンボルトキエビッチボルトキエビチ二変量確率分布アクチュアリーフィッシャー統計的検定生物統計学統計的推定実験計画法ホテリングフェラー小標本論シュルツ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android