コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最教 さいきょう

1件 の用語解説(最教の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

最教 さいきょう

?-872 平安時代前期の僧。
律宗。東大寺でまなぶ。貞観(じょうがん)5年東大寺戒壇院での受戒について,4月15日からはじめることなどの起請四事をさだめ,朝廷の許可をえた。6年僧綱位の制定にともない法橋(ほっきょう)上人位律師。貞観14年1月15日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

最教の関連キーワード飛鳥2安心生活創造事業経営安定基金耶律阿保機巨勢金岡家原善宗伊伎是雄笠継子紀今守人康親王

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

最教の関連情報