コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最胤入道親王 さいいんにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(最胤入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

最胤入道親王 さいいんにゅうどうしんのう

1565-1639 織豊-江戸時代前期,邦輔(くにすけ)親王の第8王子。
永禄(えいろく)8年生まれ。正親町(おおぎまち)天皇の猶子となり,天正(てんしょう)3年親王。同年三千院で出家。応胤法親王に師事。三千院(梶井)門跡(もんぜき)をへて慶長17年天台座主(ざす)にのぼり,没年まで28年間その任にあった。寛永16年1月13日死去。75歳。俗名は惟常(これつね)。著作に「覚勝院月次(つきなみ)連歌」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

最胤入道親王の関連キーワード足利義輝慶寿院オプリチニナ足利義輝鎖国松花堂昭乗モレホン会津騒動マドラス会津騒動

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone