コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月窓 げっそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月窓 げっそう

?-? 江戸時代後期の陶工。
寛政-文化(1789-1818)のころ尾張(おわり)(愛知県)赤津窯で雅趣のある作品をつくった。姓は山口。通称は孫三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

月窓の関連キーワード曲芸フランス文学史北風六右衛門鳥文斎栄之振鷺亭細田栄之峰崎勾当寛政囲米・囲籾児童文学

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月窓の関連情報