月窓(読み)げっそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月窓 げっそう

?-? 江戸時代後期の陶工。
寛政-文化(1789-1818)のころ尾張(おわり)(愛知県)赤津窯で雅趣のある作品をつくった。姓は山口。通称は孫三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月窓の関連情報