コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月窓 げっそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月窓 げっそう

?-? 江戸時代後期の陶工。
寛政-文化(1789-1818)のころ尾張(おわり)(愛知県)赤津窯で雅趣のある作品をつくった。姓は山口。通称は孫三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

月窓の関連キーワード青森県上北郡六戸町鶴喰けいせい仏の原傾城仏の原ドローネー斎藤月岑茶室一覧加藤泰興奥平貞幹鳥山石燕村尾篁山岸田茂篤谷口月窓志摩乗時川原毛李参平陶工寛政

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月窓の関連情報