月雪花寝物語(読み)つきゆきはなねものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

つきゆきはなねものがたり【月雪花寝物語】

歌舞伎役者初世中村仲蔵自伝的随筆。成立年不詳。仲蔵は安永・天明期(1772‐89)の名優で,ことに,その自叙伝的部分の筆致は,特殊な口語風の文体をまじえて,下回り役者から出発した辛苦にみちた半生の経歴を赤裸々に,また告白的に物語ったユニークな記述である。歌舞伎俳優の自伝として,先駆的な珍重すべき文献であり,《秀鶴日記(しゆうかくにつき)》《秀鶴随筆》などの著述と並んで,天明期の歌舞伎と俳優の私生活を知るうえにも欠かせない好資料。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android