有主風(読み)ウシュフウ

大辞林 第三版の解説

うしゅふう【有主風】

師をよく見て稽古し、芸を自分のものとして体得し切った境地。世阿弥の語。 「其物になる所、則-の士手なるべし/至花道」 → 無主風

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android